in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

チョイス イズ ユアーズ

画像 050


その『ハイタッチ』が意味するもの。
無論、結果を出した時に出る自然な行動。

そうさ、あなたがこの場のマスター。
その瞬間、僕のマイスター。

攻めなければ始まらないし
プッシュしなければ、ただのラバーなるだけ


僕は、ただシャッターを切るだけ。

画像 040



スポンサーサイト

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

週末の朝食は決まって『食パン』が現れる

先日、とある職人と仕事の話になった。
『人が働いている現場に来て挨拶できない奴は三流以下だね。』

上司とも、そんな話をした。
『挨拶で、そいつの教養がわかる。』

この間、うちの部署に挨拶ができない新人が来た。



挨拶といえば、朝の儀式のようなものだ。
うちの朝の週末の食卓はパンが置いてある。

『手抜きか?』

なんて言うと黒焦げのパンが一枚置かれそうなので
いつも心の隅に置いて、そのパンを食べる。

大体が『食パン』だ。
いわゆる『トースト』ってやつ。

そのトーストを食べていると時々、パンの話になる。
どうもパン好きの間では食パンと言うのが
一番単純で、こだわると一番難しい部類だそうだ。

僕は小学生の頃、一度だけ家庭科実習でパンを作ったくらいしかないので
ほとんど製法等について知識が皆無に等しい。

『イースト菌?』

食パンをかじりながら思い出す程度だ。
それよりパンと言えば身近な部類で言うと
コイツの方が酵母や菌より身近に感じる。

71804236.jpg

おっと、失敬

こっちだった。


df013d52.jpg


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

bitter days

1358896841575.jpg
昨日の雨が雪を溶かして
朝は道も路面も凍りついていた。

あのベンチが気になって
朝礼前に、いつもの場所へ見に行くと
少し氷が溶けていたが相変わらず氷柱は健在だった。

朝という時間はなぜ、こんなにも忙しく感じるのだろうか。
そして、その朝だけに起こせる奇跡的な集中力とは
他の時間には出せることができない時間でもある。

そんなひと時に飲むコーヒーは格別だ。
1358840346926.jpg
と言いたいところだが今回はちょっぴり失敗な気分だった。

お試し価格100円だからって買ってみたものの
気になる飯屋に時間をかけて並んでは見たものの
期待外れだった気分+ライスはオプションかよ!を2にで割った気分だった。

つまり気分が悪い。

仕方ないのでポケットに忍ばしておいた
チョコでも食べようかと思ったら社内アナウンスで呼び出された。
チョコはお預けのようだ。

1358911526316.jpg

忙しい朝は出勤している時が唯一リラックスできる空間でもある。
車の中で今日のスケジュールを構想したり
やらなければならない、いろんなことをゆっくり考えられるからだ。
気分が良ければカーステからの曲に浸ったりもする。

つまり、一番無防備な時間でもある。

信号待ちですれ違う車や学生を見ていると
なんとなく仕事モードになっていくのも気のせいだろうか。

そんな中、一台の白い営業車が通り過ぎた。
その時、視線を感じたので見返した。
やはり、こちらを見ているようだ。

白い営業車、ニット帽にフードを被って。。。
はて、誰だったか。

SKATEBOARD 001

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

穏やかな昼間、厳しい夜中

1358775114748_20130122215836.jpg

その朝の冷え込みと、昼の穏やかな暖かさとの繰り返しで
ベンチも冬の表情を見せる。

すでにここまで来るとアートになる。

1358775564455_20130122215837.jpg

もう少しの間、雪が降らなければ

と個人的に思う。



明日は雪だろうか。

1358776200785_20130122215836.jpg




想像力は、知識よりも大切だ。
知識には限界がある。
想像力は、世界を包み込む。
(アインシュタイン『アインシュタイン150の言葉』)

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

lose yourself

なあ,もし1回,ただ1回だけ
チャンスがあって,それを掴めば一瞬で夢がすべてかなう
そうなったらどうする?
勝ちに行くか?それともそのまま諦めんのか?
お前ならどうするんだ?






Look, if you had one shot, or one opportunity
To seize everything you ever wanted in one moment
Would you capture it or just let it slip?
Yo

His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy
There's vomit on his sweater already, mom's spaghetti
He's nervous, but on the surface he looks calm and ready to drop bombs,
but he keeps on forgetting what he wrote down,
the whole crowd goes so loud
He opens his mouth, but the words won't come out
He's choking how, everybody's joking now
The clock's run out, time's up over, bloah!
Snap back to reality, Oh there goes gravity
Oh, there goes Rabbit, he choked
He's so mad, but he won't give up that
Easy, no
He won't have it , he knows his whole back's to these ropes
It don't matter, he's dope
He knows that, but he's broke
He's so stagnant he knows
When he goes back to his mobile home, that's when it's
Back to the lab again, yo
This whole rhapsody
He better go capture this moment and hope it don't pass him

[Hook:]
You better lose yourself in the music, the moment
You own it, you better never let it go
You only get one shot, do not miss your chance to blow
This opportunity comes once in a lifetime yo
(You better)

The soul's escaping, through this hole that is gaping
This world is mine for the taking
Make me king, as we move toward a new world order
A normal life is boring, but superstardom's close to postmortem
It only grows harder, only grows hotter
He blows us all over these hoes is all on him
Coast to coast shows, he's known as the globetrotter
Lonely roads, God only knows
He's grown farther from home, he's no father
He goes home and barely knows his own daughter
But hold your nose 'cause here goes the cold water
His hoes don't want him no more, he's cold product
They moved on to the next schmoe who flows
He nose dove and sold nada
So the soap opera is told and unfolds
I suppose it's old partner but the beat goes on
Da da dum da dum da da

[Hook]

No more games, I'ma change what you call rage
Tear this motherfucking roof off like 2 dogs caged
I was playing in the beginning, the mood all changed
I've been chewed up and spit out and booed off stage
But I kept rhyming and stepped right into the next cypher
Best believe somebody's paying the pied piper
All the pain inside amplified by the fact
That I can't get by with my 9 to 5
And I can't provide the right type of life for my family
Cause man, these goddamn food stamps don't buy diapers
And it's no movie, there's no Mekhi Phifer, this is my life
And these times are so hard, and it's getting even harder
Trying to feed and water my seed, plus
Teeter totter caught up between being a father and a prima donna
Baby mama drama's screaming on and
Too much for me to wanna
Stay in one spot, another day of monotony
Has gotten me to the point, I'm like a snail
I've got to formulate a plot or I end up in jail or shot
Success is my only motherfucking option, failure's not
Mom, I love you, but this trailer's got to go
I cannot grow old in Salem's lot
So here I go it's my shot.
Feet fail me not, this may be the only opportunity that I got

[Hook]

You can do anything you set your mind to, man

死ぬ気でやりゃ何だって出来るんだ



なあ,もし1回,ただ1回だけ
チャンスがあって,それを掴めば一瞬で夢がすべてかなう
そうなったらどうする?
勝ちに行くか?それともそのまま諦めんのか?
お前ならどうするんだ?

手のひらは汗でベトベト,脚が震えて膝はガクガクだし,腕もだるい
セーターにはさっき吐いたもんがこびりついてる おふくろの作ったスパゲティだ
内心めちゃめちゃアガってるくせに
それを悟られまいと平気な顔をしてる
これから一発やってやるぜって感じだ
なのに用意したラップがどうやっても出てこない
覚えるはしから忘れてく
客は大騒ぎだ
なんとか喋ろうと口を開いても,どうしても言葉が続いて出て来ねえ
とうとう何も言えなくなっちまった 客は大笑いしてやがる
制限時間がどんどん過ぎてって遂に時間切れでチーンだよ
ハッと我に返るけど,時すでに遅し
またいつもの「ウサギちゃん」に逆戻りだ 舞台で絶句しちまったんだからな
自分に腹が立って仕方ねえが
それですぐ諦めるようなタマじゃねえ
この程度で投げ出したりするか
確かに今はギリギリのとこで絶体絶命だが
それがどうした タダモンじゃねえんだぞ
それはわかってんだ ただ先立つもんがねえ
このままじゃお先真っ暗だ
けどあのくたびれたトレイラーハウスに戻ったら
そっからまたやり直しだ
ラップを頭から作り直す
このチャンスを逃したら,もう後はねえんだよ

音楽に全てを捧げてチャンスを掴め
絶対手を離すな 次はないんだぞ
チャンスは一度だけ みすみす見逃すようなヘマはすんな
一生に一度あるかないかのチャンスなんだ
(わかったな)

このラップは口からこぼれ出る魂の叫びだ
これから天下を獲りにいくぜ
自慢のラップでキングになって,今までの常識を覆してやる
平凡な暮らしなんてかったるいが,かといって有名になるのも楽じゃねえ
なにしろ大物になればなるほど,その地位を保つのがハードになる
死体がどんどん硬く(=ハードになる)なるのと一緒だ*
けどハードなほど,イケてるって証拠だぜ
そうなりゃファンの度肝を抜くようなもんを作るぜ
寄ってくる女もよりどりみどり
文字通り,世界中を股にかけるスーパースターだ
ただしそれにゃ孤独がつきもんだ
住んでるとこから遠く離れて暮らさなきゃならねえ
なかなか帰れねえから,家に戻っても娘の顔がわからなくなる
父親失格だぜ
それに覚悟しとけよ 女にだっていつまでもモテまくるわけじゃねえぞ
人気に陰りのひとつでも出てみろ
あっさり手のひら返されるのが関の山だ
もっとイケそうなヤツが見つかりゃ
ヤツらあっさりそっちへ乗り換えるからな
そうなりゃ後は落ちるとこまで落ちるだけだ
よくある昼メロの筋書だ
昔っから変わりゃしねえ
けどそれでもラップは止めねえぜ

音楽に全てを捧げてチャンスを掴め
絶対手を離すな 次はないんだぞ
チャンスは一度だけ みすみす見逃すようなヘマはすんな
一生に一度あるかないかのチャンスなんだ
(わかったな)

お遊びは終わりだ これから今までの鬱憤をテコにして
ケージに入れられた闘犬みたいに
ここの屋根を吹っ飛ばすくらいの勢いでラップしてやる
最初は遊び半分だったが,今はもうそうじゃねえ
裏じゃ色々とひでえ目にあってきたが
それでも諦めねえで,ラップバトルの試合を続けてきた
覚悟しとけよ 目にもの見せてやるぜ
とにかくイヤになんのは
自分が普通に働いてたんじゃやってけねえし
家族もマトモに食わせられねえってことだ
なにしろ,配給券(フードスタンプ)じゃ,食べ物は買えても紙オムツは無理とくる
映画の話をしてんじゃねえぞ Mekhi Phiferみたいなヤツはいねえんだ
こういうのがオレの人生だったんだよ
ただでさえ大変な生活なのに,もう余計にひどくなる
子どもをちゃんと食わせようと思ったらな
オヤジとしての責任と,夢との板挟みでヘトヘト
気の休まらねえ状態で
どこへ行くでもなく,毎日が代わり映えのしねえ生活の繰り返し
もういい加減うんざいなんだよ
でついに我慢の限界に来たわけだ
こんなカタツムリみたいな生活やってられるか
ここらでよくよく考えてここから出て行くしかねえってな
でなきゃ行きつく先は刑務所に入るか,撃たれて墓に入るかだぜ
もうこうなったら勝つしかねえ
だからわかってくれよ 
おふくろのことは大事だけど
このトレイラーハウスにゃもういられねえ
このままここで腐って年取っていくなんてな
だからここで勝負をかける
ビビるんじゃねえぞ チャンスはこの一回きりなんだからな

音楽に全てを捧げてチャンスを掴め
絶対手を離すな 次はないんだぞ
チャンスは一度だけ みすみす見逃すようなヘマはすんな
一生に一度あるかないかのチャンスなんだ
(わかったな)


死ぬ気でやりゃ何だって出来るんだ





これを聞くと
やれる気がしてくる。

お前みたいな下手くそな白ブタ野郎は
8マイル先へ行け!
だったか?映画のセリフは。。。


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

ターゲットorスタイル

コピーにペーストしたのは意見とは言わない。



競技の上達のプロセスで、大きく言うと二つのアプローチがある。
例えばハードル選手を育てる時に、良い形でハードルを跳べるようになれば
必然速くなるというものと、ハードルを速く跳べるようにしていけば必然良い形になっているというもの。

images_20130120235812.jpg

日本は比較的型から入る。

きれいな形、良い動きを作れば、結果として競技力は向上する。
型のタイプのメリットとしては成長が予測できる事。
それから誰でもそれなりに上達できる事。
デメリットとしては例外的にすごい才能を持った選手を平均的な動きにおさめてしまう可能性がある事。


images (1)



的を射ようとする。
まずは狙ってみる。
一生懸命にやっているうちにそれなりにはなるけれど、そこで上達が止まる。
きれいな形は何かと意識が自分の身体にいく。
段々動きを意識して的を忘れる。
また上達が止まる。気がつけば的を見ていない自分に気付く。
余計な事を忘れてただ的を狙おうとシンプルに戻る

良い型が良い結果を生むのか、良い結果を求めれば良い型が生まれるのか。
どちらも正しいと言えるのだけれど、
どちらかだけを追うのでは競技に関しての成長は止まりやすい。
夢中で的を狙う時期と、自分の身体を内省する時期。その間を揺らぐのがいい。

時々速く走るのではなく、きれいなフォームを作る為に走っている人がいる。
走る競争なのか、見せる競争なのか。
元々型はそれに最も適した動きを引き出す為に生まれている。
目的をひたすらに追えば、そこに型が現れる事もある。

答えではなく一つの型なんだということに気づかないと、型から抜けられなくなる


偉大なアスリートの言葉。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

ディス イズ イエローキャブ

1358680548440.jpg
僕ら世代のスケーターなら誰もが一度は見たことがあるだろう
このワン・ショット。
やはりいつ見ても、この画は芸術的だ。




スケートボードに乗るとき、僕の気持ちをonものoffにもしてくれる。
冬場の暖かい時なんかはonになりやすいものだ。

onの時は狙ったトリックの完成度を上げるため
一心不乱に勝負する。
offの時は、それなりにトリック調整しながら楽しむ。
そんな、デュアルタイム(2元)のスケートをするのも
魅力の一つではないだろうか。

またスケートしている時、
人の動きを研究するのも勉強になる。
新しい動き、新しいトリックなんかは
最高の教材だと思う。

ただ、たまに見かける
それは無茶だろ。と言いたくなる
危険な滑りをしている人を見ると
目を覆いたくなる。


集中も途切れ、自分自身も
危ない動きになることがある。
そういう時は、だいたいコンディションを
整える程度の滑りに切り替え
一旦落ち着かせる。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

マニュアルなし

スタイルとは何ぞや。

画像 244

メイク率とは何ぞや。

画像 155

その為に何をする?

画像 271

それは

練習を行い

研究を行い

そして、常に自分を更新させる。

少量ロットの
メイクなんかじゃ
満足しない

追求するから
そこにスタイルが
生まれる

妥協しないから
惰性でやらないから
次に繋がる

その辺の三日坊主の
トリックと一緒じゃないぜ

マニュアルが無いから
面白い

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

絵~っっと

最近のアプリは画を色々といじれる。
そして、手が込んでいて慣れるのに時間がかかりそうだ。
すこし遊んでみた。

出来栄え:✖
1357736702588_20130109221957.jpg

出来栄え:△
1357737196422_20130109221956.jpg

出来栄え:△
1357736273153_20130109221957.jpg

たぶん、当分いじらない。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

長い休みを過ごす

3_vvzwt.jpg
昔、エレメントのスケートビデオでボブが流れてた。
それを聞きながらすケートをするとテンションが上がる。

自分と向き合い、自分のイメージした動きを狙って
緩い中に鋭さを求めてスケートしてみた。

IMG_20130105_114033.jpg

あの頃のようなスピードは出せなかったし
あの頃のような鋭さを出すことはできなかったけれど

失っていないものを感じた。
『メイクするぜ。』

IMG_20130101_164758.jpg

長い休みの合間にはギャンブルする日も悪くない。
普段はギャンブル・NGだけれども
久しぶりにやると負けられない気持ちになる。
スキルって必要だな。ポケットにあった価値のない
ジャリ銭程度で良かったと今、思う。

IMG_20121229_180926.jpg



気を取り直して違うものを感じに足を運んでみた。
チョコボってリアルにみると首が長く
可愛さがなかった。
というより恐ろしかった。

IMG_20130105_150205.jpg

お前の背中に乗っても、あのチョコボの曲は流れてこない。


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

シークエンス Diaspora kazuya

寒気が強まる午後、僕は部屋でストーブで暖をとっていると
Diaspora 新しい企画の撮影をしているbanriから着信があった。

「そっち行くんでホスト、お願いします。」

突然、言われても動けるはずがない。
と言っても、せっかくこちらに足を運んでくれるので
答えたい気持ちが湧いてきた。

まず家族の様子を伺い
雰囲気がいけそうだったので
頼まれた仕事をサクっとこなし
現場に向かった。

既に撮影は始まっており
挨拶もロクにせず僕も撮影に混じった。

Diaspora画像 123

Diaspora画像 003
Diaspora
画像 148


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

シークエンス ヘイタロー&横丁

正月休みはいかがお過ごしでしょうか?

前回、2012年の総括の3分の一を書いていたけれど
忙しぶってたものだから残りを書き切ることができませんでした。

ということで12年の思い出は3分の一のみという事で勝手に終わらせます。

先日、休みの合間を縫ってストリートしてきました。
北に旅に出ている仲間も、こちらに来るとのことで
合流をしました。

画像 048
画像 049
画像 048
画像 049

長旅で疲れていたのでしょうか?
少し顔が痩せこけているように見えました。

雪がチラチラを舞う、その日は
若手ヘイタローが頑張っていました。

f/s kグラインドなんかは
一見の価値があると思います。

珍しくシークエンスで撮影したので
このトリックを狙っている方は参考にしてください。

画像 020
画像 021
画像 022
画像 023
画像 024






画像 025








画像 026
画像 027
画像 028
画像 029

yes!

画像 049

最後は笑顔で〆です。
画像 020

カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。