in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#8

「――夏だあああああ!!!」

「――海だあああああ!!!」

「……暑いんだぁぁ…………」

ズルッ

「――もう!なんだよのび太!ノリが悪いぞ!」

「そうだぞのび太!ジャイアンの言うとおり!」

「久々の海なんだよ……日射しって、こんなに痛かったっけ……」

この日、僕はジャイアンとスネ夫と、海に来ていた。
発案者は、もちろんジャイアンだ。
なんでも、仕事はそれなりにストレスが溜まるとかなんとか。で、僕達が誘われたわけだ。

「夏は暑いの!これでいいの!」

「よっジャイアンっ!夏男っ!」

「……ほんと元気だね、二人とも……」

この二人が、ここまで元気がいいのには、理由がある。
それは……

「――よっしゃああ!!スネ夫!!行くぜぇ!!

「おう!」

「「目指すは、ビーチのお姉さんっ!!!」」

二人は、僕を置き去りにして走っていった……

「……まったく、もう……」

「――お姉ぃっさぁあん!!暇ぁあ!?」

「あ、忙しいので」キッパリ

「あ……はい……」

(また撃沈か……)

これで、ジャイアンとスネ夫は、本日5敗目。いい加減諦めればいいのに。

「ねえねえジャイアン、スネ夫。もういいだろ?3人で遊ぼうよ」

「何が楽しくて、男だけで楽しまなきゃいけないんだよ!!」

「そうだぞのび太!男だけのグループなんて、周りをも不幸にするんだぞ!?」

「だ、だったら、誰か連れてくればよかったのに……」

「それじゃ面白くない!!」

「えええ……」

「いいから、のび太も誰か探してこいよ!」

「ええ!?ぼ、僕が!?」

「当たり前だろ!ほら、頑張ってこい!」

「……そりゃないよぉ……」
スポンサーサイト

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#7

『――すぐに答えなくてもいいから。のび太くんが優柔不断なのは知ってるし。
でも、ちゃんと答えてね。私、待ってるから……

家に帰った後、寝転んで天井を見ながら、咲子さんの言葉を思い出していた。

……僕は、知っている。
想いを口にすることが、どれだけ勇気がいることなのか。ほんの少しの言葉が、どれだけ遠いことなのかを。

それを、彼女は口にした。
拒絶されるかもしれない。傷つくかもしれない。そんな不安が、たぶん彼女の中にあったのかもしれない。
それでも、彼女は言葉を口にした。僕には出来なかったことを、彼女はしたんだ。
それが羨ましくて、自分が情けなく思った。
彼女の方が、僕なんかより何倍も凄い。凄いんだと……


そもそも、僕は本当にしずかちゃんと結婚したいのだろうか。
子供の時の気持ちを、ただだらだらと持ち続けているだけじゃないだろうか。
だって僕は、足を踏み出そうとしていない。したこともない。
惰性に流され、その関係を維持しようとしていただけだった。

(……なんか、分からなくなってきたな……)

その時、まるでタイミングを見計らったかのように、郵便受けから音が響いた。

(……ドラえもん?)

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#6

それから、定期的に手紙が届くようになった。
届くスパンには差があったが、いつも気が付いたら郵便受けに入っていた。
手紙は、いつも新しかった。
書き溜めをしていたとも思えない。
つまりドラえもんは、この時代に、僕の近くにいる。

ジャイアンとスネ夫にこのことを話すと、その次の休日に、三人で街中を探し回った。
……でも、やっぱりドラえもんの痕跡一つなかった。

誰かが、ドラえもんの代わりに手紙を書いてるのかもしれないとも思った。
でも、何度見ても、その字はドラえもんのものだった。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#5

「ま、まさか……!!」

慌てて、裸足のまま外へと駆け出した。そして、アパートの周辺を走り回った。

「ドラえもん!!どらえもん!!!」

ずっと、名前を呼び続けた。
……でも、声が返ることはなかった。

しばらく探し回った後、一度家に帰る。そして、もう一度手紙を見てみた。
よく見れば、手紙はまだ新しい。まるで、つい最近書かれたかのようだった。

(どこかにいるんだ……ドラえもんが、どこかにいるんだ!!)

でもそれなら、どうして姿を見せないのだろう。何か理由でもあるのだろうか……

……考えても分からない。分からない―――けど……

(……ドラえもんが、僕を見ている。――応援してくれてる!!)

――僕の中で、何かが芽生えた。それまで消えてしまっていた、何かとても大きなものが、確かに僕の心に溢れていた。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#4

「――ふ~ん……出木杉となぁ……」

ジャイアンは、ソファーに座ったまま腕を組みながら声を漏らす。
ここはジャイアンの職場。つまりは、彼の会社。
彼の会社も僕の会社の取引先となっている。当然ながら、毎回商談は僕が駆り出されていたわけで、こうやって、たまに挨拶周りという名目で、話をしに来ていた。

「……そうなんだよ……」

「しかも、呼び捨て、と……」

「うん……」

「……出木杉の奴……それよりのび太、お前、それでいいのか?」

「え?」

「しずかちゃんのことだよ。お前だって分かってるだろ?――出木杉、しずかちゃんを狙ってるぞ?」

「………」

そんなこと、わかってるさ。分かってるけど……だけど……

「……僕、そろそろ戻るね……」

「お、おい!のび太!!」

ジャイアンの声に一度だけ足を止めたけど、そのまま会社を出ていった。何かから逃げるように。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#3

「本当に久しぶりだね。今日はどうしたの?」

「……ちょっと職場の買い物。のび太さんは?」

「……僕も、買い物だよ」

「………」

「………」

沈黙が、僕達を包んでいた。
本当は色々と話したいことがあった。ジャイアンのこと。スネ夫のこと。僕のこと。そして聞きたかった。しずかちゃんのことを……
だけど、こうして思いがけず会うと、なぜか言葉たちが引っ込んでしまっていた。
それでも、言葉こそないが、とても懐かしい雰囲気だった。とても心地よい、あったかい雰囲気だった。

ただ、いつまでもこうして黙っておくわけにもいかなかった。

「……しずかちゃん、仕事忙しそうだね」

「う、うん……休みがほとんどないわ」

「そっか……大変だね」

「うん。でも、とても充実してるわ」

「そっか……。――あ、でも、体には気をつけてよ?忙しい時こそ、体調を壊しやすいんだし」

「そのあたりは大丈夫よ。相変わらず心配性ね、のび太さん。フフフ」

「しずかちゃんこそ。相変わらずだね。フフフ」

「………」

「………」

……再び、沈黙が訪れた。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#2

「――野比!!何度言わせるんだ!!」

「す、すみません……!!」

オフィスの一角で、僕は相変わらず上司に怒鳴らていた。提出した書類に、不備があったからだ。

「……まったくお前は、なぜそういつもいつもミスばかりするんだ。お前が作ってるのは、ただの紙きれじゃないんだぞ?この会社の、必要な書類なんだ。少しは自覚しろ」

「はい……」

この上司は、本当に口煩い。だけど、本当は優しいのも僕は知っている。以前僕がとても大きなミスを犯した時、必死に僕を守ってくれた。そのおかげで、なんとか始末書だけで済んだことがある。
感謝はしているが、こう毎日毎日怒鳴られては凹むものは凹む。
……まあ、僕が悪いんだけど……


「――大変だったね……」

落ち込み通路のソファーに座ってると、突然横から声をかけられた。

「咲子さん……」

「お疲れ様。のび太くん」

……咲子さんは、いつもと変わらない笑顔を僕に向けていた。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#1

面白い話があったので
こちらでも紹介させていただきます。

未来というもの、運命というのは変えられると
映画『バックトゥザフューチャー』で学んだ。

どこかの分岐点で、この時こうすれば。。。

なんてことは、よく感じることだ。

僕の大きな分岐点は大学の頃かな

俊、アルペンinアルペン家前kopy

カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2015
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。