in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#The Last

翌日の仕事は、かなり早めに終わった。
咲子さんは舞さんと食事に行くらしく、誘われたが断った。
姉妹水入らずの食事会に、僕が言ってはアレだろうし。

家に帰ったころは、空は黄昏時だった。
茜空を見上げた後、アパートの階段を上る。

――ふと、僕の部屋の前に、何かが立っているのを見つけた。

「あれは……」

少し早歩きに、その場所へ向かう。
そこにいたのは、ペットボトルくらいの大きさのロボットだった。
服装は執事のような恰好をしている。しかし全身かなりボロボロで、ところどころ錆びていた。

そのロボットは、僕が目の前に立ったところで、深々とお辞儀をした。

「……のび太さん。待っておりました……」

「……僕を?」

「はい。あなたに、お話があります。――私の主人、ドラえもん様の件です……」

「―――ッ!?ドラえもん!?」

ロボットは、静かに頷いた。

「それでですが、差支えなければ、少々お時間をよろしいでしょうか……」

「……うん」
スポンサーサイト

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#20

~2時間前~

「――そっか……しずかちゃんと……」

「ああ。付き合ってたよ。最後には、こっぴどくフラれたけどね……」

そこは、街の角にあるバー。そこのカウンター席に、僕と出木杉は座っていた。

「しずかは、キミが好きなんだってよ。まったく、面白くもない話だけどね……」

ぼやくように呟くと、彼は目の前のウイスキーを飲みほした。

「……ごめん」

「なぜキミが謝るんだい?キミは、何も悪くないだろう。これはしずかの想いであって、僕が思ってるのは、単なる醜い嫉妬だけだよ」

出木杉は表情を落としたまま、そう呟く。

「……野比くん。しずかを幸せにしてやってほしい。それが、僕からの最初で最後のキミへの願いだ……」

「………」

「まったく、頭に来る話だよ。こっちは昔からの想いを、ようやく叶えたと思ったのにな……キミに、それを引き継ぐなんて……」


「出木杉……」

出木杉は、絞り出すようにそう話した。彼がそんなことを言ったのは、初めてのことだった。
彼は、心の底からしずかちゃんの幸せを願っていた。
恥を捨て、恋敵の僕に願ってまで、彼女の幸せを叶えようとした。

――それでも、僕はその願いを叶えることは出来ない。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#19

それから僕は、実家を後にした。
街並みを見渡しながら駅まで歩き、電車に乗る。窓から見える景色を横目に、電車に揺らされていく。

そのまま家に帰り、荷物を片付けた後、とある人物に連絡を取った。
思いのほかあっさりと連絡が取れたのが幸いだった。

「……うん……そうだよ……じゃあ、待ってる……」

電話を切り、服を着替える。
これから、僕は歩き出す。

最期に家を出る前に、これまでドラえもんがくれた手紙を読み返した。
彼の言葉をもう一度心に注ぎ、家を出る。

踏み出す足は、少しだけ躊躇を覚えていた。
それでも、力強く足を踏み出した。

カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2015
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。