in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ボクの目線のその先で

Comment (0)  Trackback (0)

#1 休みの朝はワクワクする

ヤベッ。。。やっぱり、怒られた。
でもね。ボク、まだ手先が器用じゃないんだ。


ボクが食事をしている途中、食事を終えたお父さんは
朝から打合せがあるからと出かけていってしまった。

せっかくの休みなのに、どこか出かけて行っちゃうなんてつまらない。
そう、お父さんのほうを見ていると
お父さんが

『今日、友達紹介してやるぞ!楽しみにしとけよな!』
と、ニヤニヤしながら車のほうへ歩いていった。

えっ?友達?どんな子だろう。
でも、会うのが楽しみだなぁ~。

画像 014



その日、2月の冬の真っ只中なのに朝から晴れていたので
とても目覚めがいい日だった。

ボクは横で寝ているお父さんよりも早く起きれたので、お母さんと
一緒に1階へ降りて、おもちゃ箱のあるリビングで遊んでいた。

『今日はいつもより、暖かいなぁ。ここの窓辺に座って、いろいろと眺めるのが好きなんだよな。』
近くにあるコンセントをいじったり、お母さんの携帯をバレないようにいじって
キョロキョロしていた。

お母さんは朝食の準備でキッチンにいた。
すると、いつもより遅く起きたお父さんが階段から降りてきた。

『そんな大きい音で降りてくると、またお母さんに怒られるよ!』
と、言葉にならない声で話しかけると、お父さんはいつもの席に座った。

mesen1.jpg

ボクもお腹が空いていたのでお父さんに近づいた。

『おぅ、どうした?今日も元気がいいな!』
と、ボクを抱き上げコーヒーを飲んでいた。

あんな黒くて苦そうなものをよく朝から飲めるなと見ていたが
やっぱり、お腹が空いているので

『ボクにも、何か食べさせてよ。』
と、顔を何度か叩いてみた。

言葉にならないコミュニケーションはお父さんには
ただのイタズラにしか感じられなかったようで、ボクの気持ちは伝わらなかった。


『早く、イスに座らせてご飯を食べさえてあげてよ。』
と、お母さんが言ってくれた。


ありがとう。

いつも、ボクのこと気にしていてくれるんだね。


重い腰を上げたお父さんはボクをいつもの席に座らせて
最近、イスから立てるようになったり、手が届くものにイタズラをすることが
好きなことを知っているから、しっかりとイスに固定されて
おとなしくお父さんのほうを眺めているとお母さんが離乳食を持ってきてくれた。

ボクは本当にお腹が空いていたので、いつもより大きな口でペロっと食べてしまった。
それでも、まだ食べたりなかったのでお母さんの服を引っ張ってみた。

すると、お母さんはボクにパンを与えてくれた。
最近、大好物のパン。やったぜ。

大きいままだと食べられないから小さくちぎってもらってパンを手に取り
器用に食べられないから少しずつ食べていた。

少し食べたところで、お母さんのほうに振り向き
『お母さんも食べる?』

画像 022

そんなフリをして自分の手元に戻して遊んでいたらパンを落としてしまった。
また、お母さんに怒られる。

お父さんは、ボクのほうを見て
『何やってんだ?』とニヤニヤ笑う。

お母さんは、少し目を三角にしてボクを見る。

ヤベッ。。。やっぱり、怒られた。
でもね。ボク、まだ手先が器用じゃないんだ。


ボクが食事をしている途中、食事を終えたお父さんは
朝から打合せがあるからと出かけていってしまった。

せっかくの休みなのに、どこか出かけて行っちゃうなんてつまらない。
そう、お父さんのほうを見ていると
お父さんが

『今日、友達紹介してやるぞ!楽しみにしとけよな!』
と、ニヤニヤしながら車のほうへ歩いていった。

えっ?友達?どんな子だろう。
でも、会うのが楽しみだなぁ~。

画像 014



つづく
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。