in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

読本の秋

秋です。
虫の声が聞こえますが僕は擬音的な言葉も
発することができず、ただ、ただ、聞き入るのみです。

夜も夏とは比べ日が短くなり
気がつけば、すっかり辺りは暗くなっています。

そんな時、僕は部屋で一人こっそりと
読書なんかします。

当たれば買ってよかった。
外れれば読み流しただけ。

そんな出会いが本の良さでしょうか?

本が嫌いな人はいると思いますが
なぜ、人は文字というものを追ってしまうのでしょうか?

そんな自分探しの一助として
今回は僕が昔、読んだ何冊かを紹介します。


あなたもし死んだら、自分が死んだと言うことを自覚できますか?
死んだら、「我が人生に悔い無し!」と胸を張って極楽浄土できますか?
やり残したこと、確信を得たかったこと、人生では山ほどありますよね?
でも、あなたがもしも七日間だけ現世の戻れるとしたら・・・。

死後の世界と現世、やりきれない感情を抑えきれずに現世に、生前とはまったく違う体で戻された人間。
自分の正体を明かさない、恨みを晴らさない、そして、約束の期日までに死後の世界に戻らなければならない、この3つの規則を破ると「怖いことがおこる」

あなただったら、この3原則を守ってまで遣り残したことを片付けに現世に行きますか?

物語は複雑な人間模様の中、感情と事実が交錯する。
本を読むのが面倒な人は映画で・・・。でも、これ結構読めちゃうよ。

椿山課長の七日間

椿山課長の七日間
著者:浅田次郎
価格:630円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



映画になっているから見たことある人もいると思いますが
やはり原作を読むと全く違うストーリーに感じます。
中古本で150円でありましたが、ペットボトル1本分以上の楽しさは
間違いなく味わえます。



本を読める人も、読めない人もこれを読み出したら止まりません。
謝り方の物語がここにあります。
いろいろな意味で使える本ですよ!


結局、はまっちゃって昨日も寝たの三時!
説明要らずで必ずでイケちゃいます。

神様からひと言

神様からひと言
著者:荻原浩
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



こちらも映画化されていましたが、はっきり言って映画はfuckでした。
やはり原作を読むとイメージが変わってしまうのですかね?

これは本当に誰もが読みやすい本です。
いろいろな人に貸して、読まして、返って来ません。

それくらい良い本です。

手に収まって指でなぞるアレもいいですが
手に収めて、めくる一ページは味が違います。
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。