in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

週末の朝食は決まって『食パン』が現れる

先日、とある職人と仕事の話になった。
『人が働いている現場に来て挨拶できない奴は三流以下だね。』

上司とも、そんな話をした。
『挨拶で、そいつの教養がわかる。』

この間、うちの部署に挨拶ができない新人が来た。



挨拶といえば、朝の儀式のようなものだ。
うちの朝の週末の食卓はパンが置いてある。

『手抜きか?』

なんて言うと黒焦げのパンが一枚置かれそうなので
いつも心の隅に置いて、そのパンを食べる。

大体が『食パン』だ。
いわゆる『トースト』ってやつ。

そのトーストを食べていると時々、パンの話になる。
どうもパン好きの間では食パンと言うのが
一番単純で、こだわると一番難しい部類だそうだ。

僕は小学生の頃、一度だけ家庭科実習でパンを作ったくらいしかないので
ほとんど製法等について知識が皆無に等しい。

『イースト菌?』

食パンをかじりながら思い出す程度だ。
それよりパンと言えば身近な部類で言うと
コイツの方が酵母や菌より身近に感じる。

71804236.jpg

おっと、失敬

こっちだった。


df013d52.jpg


そのパン談義をした後、ふと思った。
『食パンマンってダンディズムじゃね?』

つまり、こういうことだ。
食パンを作ると言うことが難しい=奥が深い
と言うことは、あの『食パンマン』も奥が深いのではないか?

そう考えると何かこう『イズム』と言うものを感じてくる。

まず、あの主役のアンパンマンより落ち着いたルックス。
そして、カレーパンマンより冷静な考え。
全ての女性キャラに対してジェントルマン。

なるほど、あの食パンの耳が顎まである、まるで顎鬚のような部分は
そう言った『ダンディズム』も兼ねているのか。。。


pannm5.jpg

ドキンちゃんも惚れる訳だぜ。
と、思ったわけではないが。

あのアンパンマンのキャラクターの中で
確実に合コンでもてるのは
『天丼マン』では無く、食パンマンなんだな。
と、運転中に考え込んでみた。



食パンマン、いや
食パン。

その懐を満たすのはキミだ。
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。