in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: teenage days

Comment (0)  Trackback (0)

teenage days #3 話は続く、物語前編

先日、日本はどの国よりも『社会性』『協調性』が高い国と評価されている話を
聞きました。みんなと同じじゃないと『個性』が無いとか『アイツは協調性が無い』
とか言われるけど、同じでも良いと思います。
ある程度、自分が出来上がってから『自分と言う色』を作って行くのも
遅くないんじゃないんでしょうか?

『守破離』
最初は基本を忠実に守り、次にそれを応用、最後は型から離れるというの成長過程を
表す言葉ですが、最初は何でもいいので『マネ』て見ることから始める。

モノマネは『ダサイ』という人をよく見かけますが、誰だって最初は誰かの
マネから始めているんです。

そう、赤ちゃんが親の真似をするように。。。




梅雨の憂鬱が嘘のように7月中旬となれば天気予報で
『梅雨明けしました。』とアナウンサーが話す。

それと同時に、あのギラギラとした太陽と照り返すアスファルトの熱で
学校に着く頃には汗がワイシャツを湿らせる。

『もうすぐ夏休みか~。』

窓際の席には高校の頃、一度も慣れなかったけど
とりあえず、窓の方を見てみる。

見に入ってくるのは、見ても特に興奮を覚えない女子と
丸坊主にしっかりと日焼けをして真っ黒になった野球部の男子。

『はぁ~。』

また、ため息をつく。
黒板を見ても、面白くも興味もわかない。
化学の油井先生の話はいつもつまらない。ただ、教科書を読み
時々、黒板へ化学式を書いているだけだからだ。
生徒の方なんて見てはいない。

もちろん、周りの生徒も授業なんて聞いてなく、漫画やゲームボーイ
さらには『たまごっち』を育ている生徒ばかり。

休み時間になると、友達数人で雑誌を回し読みをして
靴や時計の話題で盛り上がった。

ボクも回りに着いてこうとNIKEの新しいスニーカーや、G-SHOCKの自慢を
して、みんなの注目を集めて楽しんでたりした。

夏休み目前の週末、ボクは新しいスニーカーを買おうと雑誌をめくっていた
お気に入りのスニーカーを探そうと、家にある雑誌を読み漁っていた。

当時、一番お気に入りの雑誌は学校の友達にも、あまり教えていなかった
『warp magazine』だった。
ボクにとっては、とにかくオシャレで音楽も情報も最先端過ぎて、ほとんど吸収できない
くらい理想的で格好良い雑誌だったからだ。
特に好きだったのが最後のコラムで『ある高校生の夏の話』だった。

特に、これと言った目立つ存在でもなく、ただ何となく日常を過ごしている高校生が
地元のショップの人に勧められて始めたサーフィンにはまり、夏休み中、海に通い
2学期に密かに思いを寄せる女子に『格好良くなったね』と好意を寄せられる
当時のボクには、ど真ん中に命中するストーリー。

ただ日焼けして髪が伸びて体つきがたくましくなったから
美味しい思いが出来た。と、今では簡単に話が見えてくるが、当時のボクにとっては
羨ましい限りの話としてしか考えられなかった。

そんな単純明快なボクは自分も何か出来ないかと、スニーカーの事はすっかり忘れ
また、雑誌を読み返した。

そこで目に止まったのが『スケートボード』だった。
あのパルコ前で見たスケーターみたいなことは出来ないけど、街をプッシュして
段差なんかをオーリーで飛べたら格好良いよな~。と・・・。

だが、スケートボードと言えど当時の高校生が簡単に変える金額のものではなかった。

閃いたボクは、一つ下の後輩が使っていないデッキを持っていることを思い出した。
いてもたってもいられず、すぐに連絡を取り借りに行った。
先輩にもらったと言うデッキ。
ボロボロだが、トイ・デッキではなく、あのパルコ前のスケーターと同じものだ!

その時は、ちゃんとしたデッキを手に入れたことで満足していただけだったが
blindのデッキでトラックはベンチャーのしっかりとしたセットアップのものだった。

高まったテンションと、夢を膨らまし夕方、急いで自転車に乗り家に帰った。
いつもより自転車をこぐスピードは早かったが、走っている途中
ふと、頭の中で考えた。

『スケボーって、どうやって上手くなるんだ?』


セミの鳴き声と白い街灯が涼しく感じさせる夏休み手前の話。
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。