in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#3

「本当に久しぶりだね。今日はどうしたの?」

「……ちょっと職場の買い物。のび太さんは?」

「……僕も、買い物だよ」

「………」

「………」

沈黙が、僕達を包んでいた。
本当は色々と話したいことがあった。ジャイアンのこと。スネ夫のこと。僕のこと。そして聞きたかった。しずかちゃんのことを……
だけど、こうして思いがけず会うと、なぜか言葉たちが引っ込んでしまっていた。
それでも、言葉こそないが、とても懐かしい雰囲気だった。とても心地よい、あったかい雰囲気だった。

ただ、いつまでもこうして黙っておくわけにもいかなかった。

「……しずかちゃん、仕事忙しそうだね」

「う、うん……休みがほとんどないわ」

「そっか……大変だね」

「うん。でも、とても充実してるわ」

「そっか……。――あ、でも、体には気をつけてよ?忙しい時こそ、体調を壊しやすいんだし」

「そのあたりは大丈夫よ。相変わらず心配性ね、のび太さん。フフフ」

「しずかちゃんこそ。相変わらずだね。フフフ」

「………」

「………」

……再び、沈黙が訪れた。

流れる沈黙の中で、必死に自分を奮い立たせていた。今しかない。今しか、チャンスはない……
震える唇を噛み締めて、ようやく、声を絞り出した。

「……ええと、しずかちゃん」

「……なぁに?」

「こ、今度、二人でご飯でも―――」

「――ごめんしずか!資料がなかなか見つからなくて!待たせてしまっ―――」

「―――」

……あと少しのとこまで来ていた言葉は、再び喉の奥へと逃げていった。いや、正確には、飲み込んでしまった。
しずかちゃんの元に駆けよって来た、その人物を見たせいで―――

「……で、出木杉……」

「……野比、くん……」

「で、出木杉さん……」

「………」

三人とも、言葉を失ってしまった。まるで石になったかのように、全員動けずにいた。
――そんな僕らに向かって、更に声がかかった。

「――のび太くんお待たせ!自動販売機が思ったより遠く…て……」

「……さ、咲子さん……」

「………」

その場に固まるのが、4人に増えてしまった。

「……やあ野比くん。久しぶりだね」

沈黙の中、一番最初に口を開いたのは出木杉だった。

「あ、ああ。久しぶりだね……」

「今日は、出木杉さんと職場の備品を買いにきてたのよ……ね?出木杉さん?」

「そうなんだ。しずかと、二人きりで、ね……」

「………」

久々に会った出木杉は、しずかちゃんを呼び捨てにしていた。そして、二人で出かけていたことを、やけに強調させる。
今の彼は、以前会った時とは全く違う。――まるで、僕に対して、威嚇をするようだった。

「……ところでのび太さん。その人は?」

しずかちゃんは僕の背後に立つ咲子さんに視線を向けた。

「あ、ああ。この子は……」

「―――ッ」

そう言いかけたところで、咲子さんは僕の前に出た。そして、しずかちゃんの正面に立ち、少し速めに一度だけ会釈をした。

「……初めまして。私、花賀咲子といいます。のび太くんとは、職場の同僚です」

「え、ええ……はじめまして。源しずかです。よろしく」

「……出木杉です。花賀さんは、野比くんとお出かけかな?」

「ええそうですよ。今日は、二人で出かけてるんです。」

「………」

「のび太くん。もう行こ」

「え?――あ、ちょ、ちょっと――」

咲子さんは、僕の手を強引に掴み、ツカツカとその場を離れはじめた。慌ててしずかちゃんの方を見る。しずかちゃんは、一度僕に視線を送り、そのまま出木杉と歩いて行った……

「………」

「……さ、咲子さん……?」

「………」

「……ね、ねえ……」

「………」

(……まいったな……)

さっきから、ずっとこの調子だ。
それまでの上機嫌とは打って変わって、とにかく不機嫌になっている。こうやって僕の前をただ歩き。一言も口にしない。
本当はしずかちゃんが気になったけど……しばらく僕の手を放してくれなかったし、こんな調子の彼女をほっとくわけにもいかず、結局しずかちゃんとの久しぶりの再会は、ほんのわずかな時間しか叶わなかった。

「……さっきの人、誰?」

「え?」

「さっきショッピングモールにいた人!!誰!?」

「ええと……」

……そうか、出木杉か。確かにあいつ、かなりのイケメンになってたな。身長だって高いし。
この世の中、イケメンこそ、男の中でもっとも位の高い身分なのだ……

「……あいつは出木杉って奴で、大手の企業に勤めてて……」

「――そうじゃなくて!!」

そう叫ぶと、彼女はようやく足を止めた。そしてしばらく黙り込み、ゆっくりと振り返った。

「……あの女の人……誰よ……」

「……え?」

「え?えっと……しずかちゃんのこと?」

「……そうよ。その“しずかちゃん”のことよ」

彼女は目を伏せたまま、どこかふてくされたように言う。まるでおもちゃを買ってくれなかった子供のようにも見えた。

「ええと……しずかちゃんは、出木杉と同じ企業に勤めてて……」

「そういうのはいいの!のび太くんとの関係!」

「あ、ああ……しずかちゃんは、僕の小学校の時の同級生なんだよ。――あ、中学校も一緒だったか」

「ふ~ん……それで仲がいいのね………で?付き合ってたの?」

「つ、付き合う!?」

「……その反応を見る限り、付き合ってはないみたいね……」

「………」

「……ホント、分かりやすい反応するのね……ボソッ」

「……え?何か言った?」

「なんでも。――それより、ご飯食べに行きましょ。私、お腹空いちゃった」

そう言うと、彼女はまた前を向いて歩き始めた。
僕はそれ以上何も言えず、ただ彼女に付いて行くだけだった。


つづく
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。