in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#4

「――ふ~ん……出木杉となぁ……」

ジャイアンは、ソファーに座ったまま腕を組みながら声を漏らす。
ここはジャイアンの職場。つまりは、彼の会社。
彼の会社も僕の会社の取引先となっている。当然ながら、毎回商談は僕が駆り出されていたわけで、こうやって、たまに挨拶周りという名目で、話をしに来ていた。

「……そうなんだよ……」

「しかも、呼び捨て、と……」

「うん……」

「……出木杉の奴……それよりのび太、お前、それでいいのか?」

「え?」

「しずかちゃんのことだよ。お前だって分かってるだろ?――出木杉、しずかちゃんを狙ってるぞ?」

「………」

そんなこと、わかってるさ。分かってるけど……だけど……

「……僕、そろそろ戻るね……」

「お、おい!のび太!!」

ジャイアンの声に一度だけ足を止めたけど、そのまま会社を出ていった。何かから逃げるように。

家に帰った後、いつものように畳に寝転がった僕は、ジャイアンの言葉を思い出す。

(……これでいいのか、か……)

いいはずなんてない。出木杉に取られてもいいはずなんてない。ずっと一緒にいたんだ。ずっと、一緒になると思ってたんだ。
……だけど、実際は違っていた。しずかちゃんが女子高に進学してから、連絡を取る回数も極端に減った。高校を卒業すると、彼女は大学へ、僕は会社にそれぞれ通うようになり、連絡すらとらなくなっていた。
ごくたまに買い物に出かけたりはしていたが、しずかちゃんの仕事が忙しくなってからは、会うことはもちろん、話すことすらなくなった。
考えてみれば、しずかちゃんと疎遠になったきっかけは、中学を卒業したころかもしれない。

(……そういえば、ドラえもんがいなくなったのも、あの頃だったな……)

僕の脳裏には、セピア色の情景が甦っていた―――

――あの日僕は、進学先の調査票を片手に、家に急いで帰った。

『ドラえもん!!大変だよ!!しずかちゃんが女子高に―――!!』

……だが、僕の部屋には、誰もいなかった。
その時はすぐに帰ってくると思ったけど、結局夜になっても、ドラえもんは帰ってこなかった。
スペアポケットを使ってどこに行ったのか調べようと思った僕は、ドラえもんの押入を開けた。でもそこも、もぬけの殻だった。
まさかと思い引き出しを開けたら、タイムマシンすらもなくなっていた。
慌てて父さんと母さん、ジャイアンとスネ夫、しずかちゃんと一緒になって街中を探したけど、結局ドラえもんは見つからなかった。
後で調べたら、ドラえもんが映っていた写真すらもなくなっていた。

まるで最初からいなかったかのように、ドラえもんは忽然と姿を消した。
残ったのは、記憶の中のドラえもんだけだった。

(……きっと、今の僕を見たら、キミは怒るだろうな……)

天上を見つめながら、ふと、そんなことを考えた。

僕だってしずかちゃんと結婚したい。だけど、僕なんかがしずかちゃんと結婚していいのだろうか。出木杉はとても立派になった。ジャイアンもスネ夫も、みんな自分で自分の人生を歩いている。
……それに比べて、僕はどうだろう。惰性に流され、ただ生きてるだけじゃないか。
こんな中途半端な僕と結婚しても、しずかちゃんはきっと幸せになれない。

……最近じゃ、こんなことまで考えている。

「……どこまでも、本当にダメな奴だな。僕は……これじゃキミも、愛想を尽かせるはずだな……」

気が付けば、失笑と共に、そんな言葉を呟いていた。

――その時だった。

――カランッ

突然、玄関の郵便受けに、何かが投げ込まれる音が聞こえた。

「……ん?こんな時間に郵便?」

時間は夜遅い。普通なら、郵便なんて届く時間じゃない。不思議に思いながらも、玄関の郵便受けを開けてみた。
そこには、便箋が一通。宛名も、消印もない。
どうするか悩んだが、中を開けてみた。

そこには、一枚の手紙が入っていて、その手紙を手に取り、読んでみた。


―――――――――――――――――――――――――


のび太くんへ

今キミは、何かに悩んでいると思う。

のび太くん。キミは、きっと勘違いをしてるよ。
全部うまくいく人生なんてないんだ。
誰でも躓いて、悩んでいるんだ。
キミの周りにも、輝いている人がいるだろう?
その人達も、キミが知らないだけで、頑張ってるんだよ。

だから、頑張って、のび太くん。

キミは確かにドジだけど、キミにしかないいいところもたくさんあるんだ。
辛く苦しいかもしれないけど、とにかく、今自分に出来ることを一生懸命頑張ってね。
そうすれば、きっと道が開けるさ。

もう一度言うね。

頑張って、のび太くん。
僕はいつでも、キミを応援してるよ。


――――――――――――――――――――――――



「―――こ、これは……この字は……!!」

目を疑った。信じられなかった。
――でも、見間違いようもなかった。

「この字は………ドラえもんの字だ……!!!」


つづく
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。