in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#17

「私ね、今、本当に幸せなんだ。こうやってのび太くんに料理作ってあげれたし」

「……咲子さん……」

「実はね、私の料理食べた男の人、のび太くんが初めてなんだよ?」

「そうなの?」

「うん。私、昔から料理を手伝ってたんだ。お母さんの真似をして、お姉ちゃんに味見してもらって……いつか、大好きな人に作ってあげたい……そう思ってたんだ」

(……ということは、あのギャップ料理は、そこで培われたのか……)

「だから、今その夢が叶って、とても幸せなの。……ありがとう、のび太くん。私、あなたと出会えて良かった……」

そう話す彼女は、目に涙を浮かべていた。自分の気持ちを素直に表現し、今僕に見せている。それが、とても嬉しかった。

「……僕も、咲子さんと出会えて良かったよ……」

「のび太くん……」

「………」

「………」

部屋は、静まり返っていた。
時計の針だけが音をならす空間の中、目の前に座る彼女は、目を閉じた――――

(――――ッ!!!こ、これは――――!!!)

「………」

(ま、間違いない―――GOサインだ……!!)

迫る、緊張の瞬間……

「………」

目の前にいる彼女は、瞳を閉じたまま何かを待つ。
僕の心臓は激しく脈動する。見れば彼女もまた、僅かに震えていた。

(据え膳食わぬは男の恥というが……これはなかなか、勇気が……)

そうは言っても、目の前の彼女はここまでの勇気を見せてくれている。これに応えなければ、むしろ失礼だろう。
彼女の気持ちに、恥を塗らせてはいけないのだ。

(……よ、よし……)

一度唾を飲み込み、顔を近づける。段々と彼女との距離は詰まり、すぐ目の前には桃色に染まった唇があった。

そして僕は、目を閉じ―――――

「―――ただいまー!」

「―――ッ!?」

「―――ッ!?」

突然、玄関が開く音が聞こえ、女性の声が部屋に響き渡った。二人揃って体をビクリとさせ、その方向に目をやる。

「か、帰って来ちゃった……!!」

「え、ええ!?」

(咲子さんが言ってた、同居人!?こ、このタイミングで!?)

口惜しや……実に口惜しい……!!神様がいるのなら、それはきっと、かなりの天邪鬼だろう。もう少し、時間を置いてほしかった。

「咲子ー?いないのー!」

「――は、はーい!今行くー!」

名前を呼ばれた彼女は、一度残念そうに僕の方を見た後に、玄関へと向かっていった。

……僕はそのまま、脱力するように天を仰いだ。

「―――え!?彼氏!?ホントに!?」

玄関からは、同居人さんの驚く声が響く。当たり前だが、女性のようだ。そしてその人は、ツカツカと廊下を歩く音を響かせた。
……至福の瞬間を邪魔した人物の顔……しっかりと拝んでやろうではないか。

そして、ドアが開かれる。

「―――初めまして!私、咲子の姉の――――――え?」

「―――え?」

互いの顔を見るなり、二人揃ってフリーズする。
目の前の人物が信じられず、一度目を擦って見直してみた。だが、間違いなかった。
そして時は動き出し、同時にお互いの顔を指さす。

「「えええええええええええ!!??」」

「のび太!!なんでアンタがここに!!??」

「ま、舞さんこそ!!なんでこの家に!!??」

声を上げる二人。それに続き、咲子さんがリビングへと戻って来た。

「……お姉ちゃん?どうかした?」

「お……お、お……お姉ちゃん!!??」

「……さ、咲子……彼氏って……まさか……!!??」

「………?」

「………」

「………」

そのまま、僕と舞さんはしばらく思考が停止した。
ただ一人状況が呑み込めない咲子さんは、不思議そうな顔で首を捻るのだった。



間の悪い、同居人の登場
そして、まさかの姉ちゃんの正体

また、夜にお会いしましょう
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。