in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: teenage days

Comment (0)  Trackback (0)

teenage days #9 意外な終結

『来るものは拒まず、去るものは追わず』
と言う言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが
僕は、そのタイプの人間です。

ドライな考え方と捉える人もいれば
合理的と捉える人もいるでしょう。
他にも、その人ひとで思いもあるでしょう。
あえて、ここでは簡単な例を挙げてみました。

僕の場合は『去るもの』を追っても
それに費やす時間とパワーが、どれだけ
無駄かと思い、この考え方に行き着きました。

でも、時として、その考え方も
良い結果が生むというわけではありませんがね。

故事やことわざは意味や歴史を調べると面白いし
生活する上で役に立つこともありますよね。

あなたは、どんな言葉が好きですか?











失った感情を取り戻すことは無く
毎日を過ごしていた。

それは今までと何も変わらない毎日。

彼女との他愛の無い会話が
完全に僕を支配していた。

10月になると友達との会話が
少しずつ冬の話が混ざり始める。

今年は、どんなセーターを買おうか
今年は、どんなマフラーを買おうか

会話は学生服をどれだけカスタマイズして
オシャレに着こなすか。

上がってくるブランドと言えば
シャネル、ヴィトン、グッチ、フェンディ、フェラガモ。。。
と言うのが憧れだが、実際には
ラルフローレン、バーバリー、かろうじてフェンディと言ったところだ。

高校生の小遣いで買える程度と言えば
これくらいだろう。

頑張ってバイトしてお金を溜めるか。。。

いつものようにバイトに行き
帰りの閉めを社員の人とやっていたら
ポケベルがなっていた。

制服のポケットから出してみた文字には
『ワカレヨウ』

『???…はい?』

青天の霹靂とは、まさにこのことを指すのだろうか。
突然の出来事に僕は、とにかく自転車をこぎ
家へ戻った。



送るメッセージ。
『ドウシタ?』


沈黙が続く液晶の文字。

あの公園、あの会話、あの表情
どれが不正解だったのか、どれがシグナルだったのか。
トイカメラで撮ったようなあせた色の記憶からは
答えが出なかった。


それから何日も送られてこないメッセージ。


今日も他愛の無い会話で盛り上がる
友達の会話。

それが自分の中で『振られた恋』と
決心させるには、そう時間が掛からなかった。


真新しいセーターを着込み少しずつ息が白くなり始める10月中旬の話し。
スポンサーサイト

Comments






カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。