in the place...

in the place...(現場で) また、いつか会う人のためにも、これから出会う人の為にも、そんな出逢ったときの話のネタにして欲しくて・・・。 全ては、in the place.現場で起きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

アナログorデジタル

現在のDJスタイルはMIDIコントローラとシンクデバイスによるビートマッチングにシフトし、自身の耳を頼りに手動でミキシングを行うスタイルは過去のものと考えられつつあります。

この記事は決してパソコンベースのミキシングを非難するものではなく、先人達が現代の私達のために培ってくれた礎からDJを進化させるアイデアを学んでいただくことを目的としています。あなたが既にラップトップといくつかのMIDIコントローラを使用している場合、アナログのターンテーブルを用いた伝統的なスタイルから、いくつかのヒントを学んでください。

DJにおけるテクノロジーは過去10年の間に多くのことが進化しました。2005年当時、パイオニアが発売した CDJ 1000によりCDをレコードのようにスクラッチできるようになったことはDJ製品の世界において最大の技術的進歩でした。以前のDJプレイにはレコードかCDが使用され、レコーディングか照明用としてセッティングされていない限りはパソコンをDJブースで見かけることはありませんでした。

今では、ラップトップ、MIDIコントローラ、またはCDJがセットされていないDJブースを見つけるのは難しいことです。めったにDJブースでアナログのターンテーブルを見かけることのない新世代のDJにとっては、時代遅れの技術とも思えるアナログのターンテーブルを使用し続ける理由を理解するのはきっと難しいでしょう。そこで新世代のDJがレコードから始めることをオススメするいくつかの理由を次に挙げていきます。

1. あなたが求める真の音楽に出会える

インターネットを通して豊富な音楽を利用可能な現代においては、DJで使用する楽曲を探し出すことに苦労することはありません。人気の楽曲をオススメされたり、ブログなどで最新のアンダーグラウンドミュージックが取上げられる現在では、ダンスフロアのオーディエンスを踊らせるのは簡単なことかもしれません。誰でもBeatportへアクセスして、トップ10のトラックをダウンロードして、スターDJのようにプレイできてしまいます 。

エレクトロニックダンスミュージックの多くのレーベルは、現在でもレコードをリリースしています。多くの楽曲がデジタル配信なしのレコードのみでリリースされています。

もしも注目を浴びたいのであれば、テクノロジーから離れて最寄りのレコード屋でレコードを掘ってみることをオススメします。そうすることで、自分が最も必要とする音楽を見つけることができるでしょう。

レコードを掘ることは、音楽制作においても素晴らしい礎となり得ます。昔のレコードからのサンプリングは、これまでに限りなく試され、良質なレコードから素晴らしい楽曲が生まれて来ました。



2. ターンテーブルの回転が生み出すリアルなグルーヴ感

アナログのターンテーブルには、ベルトドライブとダイレクトドライブの2つの種類があります。ベルトドライブのターンテーブルは、 プラッターからオフセットされており 、ベルトループによってプラッターに接続されています。ダイレクトドライブは、モーターがターンテーブルのプラッターの下に直接取り付けられており、より強いトルクを与え、より安定した速度を保てます。

ターンテーブルのモーターがプラッターを回転させ、音楽はデジタル化されたプロセッサーやプログラムを通して流れるので、楽曲のBPMと全体的な雰囲気に揺れを生み出します。

実際にターンテーブルを触ってみると、レコードの傷み具合によっては実際のBPMに設定するために回転速度を調整しなければならなかったり、ピッチコントロールの可変具合がターンテーブルごとに異なり一定ではないと言うことに気付くでしょう。パソコンは常に一定のBPMで再生されるので、そのような感覚を覚えることはありません。




3. 創造性を引き出すスクラッチ

ターンテーブルに触ると、たとえあなたがスクラッチをできなくても、スクラッチから音楽を作ってみたいと言う衝動にかられるかもしれません。

スクラッチはDJを始めるにあたってとても良いスキルです。スクラッチはあなたの DJプレイ に直感性をもたらしてくれます 。特定のサウンドをスクラッチするとどうなるかを理解でき、ユニークなサウンドを生み出すのに役立つかもしれません。

デジタルDJには一つに統合されたシステムがあり、あなたのパソコンにインポートされている音楽をスクラッチできます。しかし、それはレコードのスクラッチとは違います。レコードをスクラッチすることは 、6インチのプラスチック製のジョグホイールでスクラッチするのと比較することはできません 。



CDJ、TRAKTOR、RekordboxやUSBプレーヤーが登場する以前は、DJは大量のレコードを持ち運んでいました。楽曲の構成を把握するために何度も通して聴き、ピアノやギターのサウンドからキーを確認し、シールでキューポイントをマークしたり、全てを自分自身で行わなければならないのです。現場にはプレイの終わりまで十分にもつだけのレコードを持っていく必要があります。

そのパーティに合う楽曲を選ぶことや、選んだレコードを持ち運ぶのは非常に労力を要します。重さもそうだが、持って行くレコードを選ぶのはとても大変な作業です。




DJスキル向上のための最良の手段

レコードの場合、単価が高いので、楽曲をよく吟味することは当然のことで、これにより、あなたのオリジナリティの向上につながります。

なぜ新世代のDJがレコードから始めるべきかを結論付けると、多くの新世代のDJにとって、ここで述べたアドバイスはリアルではないかもしれません。スペースはもちろん、場所によってはレコードを手に入れるのも難しいかもしれません。それでもあなたのDJスタイルの向上のために、ターンテーブルについて真剣に考えてみてはいかがでしょうか。もしデジタルDJスタイルを選択したとしても、レコードで週に1,2回、1時間から2時間ほど練習することをオススメします。

高価なターンテーブルではなくても、お手頃なポータブルプレイヤーでもレコードに触ることはできます。私は、レコードでプレイすることがDJのスキルを向上させるための最良の方法であると信じています 。


soundrope読者のみなさん、記事を読まれてターンテーブルに興味を引かれましたか?

アナログのターンテーブルを使ったDJとデジタルDJのそれぞれのスタイルに一長一短はあります。アナログかデジタルか。これに関してはそれぞれがイメージするスタイルに最適な方を選ぶべきです。しかし紹介した記事で述べられているように、アナログスタイルを取り入れることで、状況に応じた対応性が鍛えられ、楽曲に対しての思い入れも格段に増すことは間違いありません。

次のステップへ進みたいと考えるデジタルDJの方には、アナログ体験も悪くないかもしれませんね。


from DJ TECH TOOL

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#The Last

翌日の仕事は、かなり早めに終わった。
咲子さんは舞さんと食事に行くらしく、誘われたが断った。
姉妹水入らずの食事会に、僕が言ってはアレだろうし。

家に帰ったころは、空は黄昏時だった。
茜空を見上げた後、アパートの階段を上る。

――ふと、僕の部屋の前に、何かが立っているのを見つけた。

「あれは……」

少し早歩きに、その場所へ向かう。
そこにいたのは、ペットボトルくらいの大きさのロボットだった。
服装は執事のような恰好をしている。しかし全身かなりボロボロで、ところどころ錆びていた。

そのロボットは、僕が目の前に立ったところで、深々とお辞儀をした。

「……のび太さん。待っておりました……」

「……僕を?」

「はい。あなたに、お話があります。――私の主人、ドラえもん様の件です……」

「―――ッ!?ドラえもん!?」

ロボットは、静かに頷いた。

「それでですが、差支えなければ、少々お時間をよろしいでしょうか……」

「……うん」

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#20

~2時間前~

「――そっか……しずかちゃんと……」

「ああ。付き合ってたよ。最後には、こっぴどくフラれたけどね……」

そこは、街の角にあるバー。そこのカウンター席に、僕と出木杉は座っていた。

「しずかは、キミが好きなんだってよ。まったく、面白くもない話だけどね……」

ぼやくように呟くと、彼は目の前のウイスキーを飲みほした。

「……ごめん」

「なぜキミが謝るんだい?キミは、何も悪くないだろう。これはしずかの想いであって、僕が思ってるのは、単なる醜い嫉妬だけだよ」

出木杉は表情を落としたまま、そう呟く。

「……野比くん。しずかを幸せにしてやってほしい。それが、僕からの最初で最後のキミへの願いだ……」

「………」

「まったく、頭に来る話だよ。こっちは昔からの想いを、ようやく叶えたと思ったのにな……キミに、それを引き継ぐなんて……」


「出木杉……」

出木杉は、絞り出すようにそう話した。彼がそんなことを言ったのは、初めてのことだった。
彼は、心の底からしずかちゃんの幸せを願っていた。
恥を捨て、恋敵の僕に願ってまで、彼女の幸せを叶えようとした。

――それでも、僕はその願いを叶えることは出来ない。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#19

それから僕は、実家を後にした。
街並みを見渡しながら駅まで歩き、電車に乗る。窓から見える景色を横目に、電車に揺らされていく。

そのまま家に帰り、荷物を片付けた後、とある人物に連絡を取った。
思いのほかあっさりと連絡が取れたのが幸いだった。

「……うん……そうだよ……じゃあ、待ってる……」

電話を切り、服を着替える。
これから、僕は歩き出す。

最期に家を出る前に、これまでドラえもんがくれた手紙を読み返した。
彼の言葉をもう一度心に注ぎ、家を出る。

踏み出す足は、少しだけ躊躇を覚えていた。
それでも、力強く足を踏み出した。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

The another story of ...#18

――それから数日後、僕はとある場所を目指していた。
電車を乗り継ぎ、その場所を目指す。

駅を降りたあとは、一度大きく息を吸い込んだ。

「……ずいぶん、久しぶりだなぁ」

固いアスファルトで舗装された道路を踏みしめながら歩く。いつもよりもペースは遅い。その場所の景色を、眺めながら歩いていた。
あまり様子は変わってはいない。ただ、空き地はなくなっていて、小さなアパートが立っていた。

やがて、その場所に辿り着いた。
少し見上げたその家は、古ぼけていた。

「こんなに、小さかったっけ……」

懐かしさを胸に、僕は呼び鈴を押す。

「――はぁーい」

中から、よく聞き慣れた声が響き渡った。そして、玄関は開く。

「どちら様―――あら?のび太?」

白髪交じりの髪をしたその人は、僕の顔を見て少し驚いていた。

「や、やあ……」

でも、すぐに優しい表情に戻した。

「……いらっしゃい。よく来たわね。――あなたー!のび太が来たわよー!」

その声に、家の中からもう一人が姿を現す。

「――のび太。よく来たな」

二人は、並んで僕を出迎えた。二人とも、とても穏やか表情で。
少しだけ照れてしまったけど、僕は少し声を大きくして、二人に言う。

「――ただいま、父さん、母さん……」

カウンター
プロフィール

alpen

Author:alpen
もはや本名で出会う必要はないでしょう

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。